M棟



見事な芸術:3階に渡って広げられる文化歴史

鉱山は、北ハルツ地方の人々の仕事と暮らしの糧でした。昔の道具倉庫は博物館になり、文化の歴史が展示されています。鉱夫が何を達成したか、どのように生きたか、いかにその影響が街や自然に及んだかなどを、数多くの資料やいろんなメディアを使いながら、バラエティーに富んで幅広くお見せします。

梯子の芸術

歴史、技術、経済は独自のスペースが取られ、あらゆる観点から、些細な点までふんだんに論じられ、その結果を解かりやすく紹介してあります。展示部門の全体図から、鉱業に形づけられた労働や社会生活、そしてその相互関係について、包括的な印象が得られます。

本来、道具倉庫であった事実が、到る処に見出すことができます。展示物とのコントラストのように思えますが、この過去と現在の混同は明白です。並行する時間を行き来してください。きっと忘れられない経験になるでしょう。







Sonntags-Matinee
31.08.2014
11.00 Uhr

Exkursion im Oberharz: Ullrich Reiff M.A., Göttingen: „Rund um des Rosenhöfer Revier“, Treffpunkt Parkplatz Ottiliae-Schacht

Preis:
kostenfrei
 
Die besondere Führung
16.08.2014
18.00 Uhr

Sinnhaftes Welterbe: Sehen, Tasten, Hören, Riechen und Schmecken im Bauch der Erde und in schwindelnden Höhen

Preis:
39,00 €
 
Veranstaltungskalender
Weitere Infos und Termine finden Sie in unserem Veranstaltungskalender.