M棟



見事な芸術:3階に渡って広げられる文化歴史

鉱山は、北ハルツ地方の人々の仕事と暮らしの糧でした。昔の道具倉庫は博物館になり、文化の歴史が展示されています。鉱夫が何を達成したか、どのように生きたか、いかにその影響が街や自然に及んだかなどを、数多くの資料やいろんなメディアを使いながら、バラエティーに富んで幅広くお見せします。

梯子の芸術

歴史、技術、経済は独自のスペースが取られ、あらゆる観点から、些細な点までふんだんに論じられ、その結果を解かりやすく紹介してあります。展示部門の全体図から、鉱業に形づけられた労働や社会生活、そしてその相互関係について、包括的な印象が得られます。

本来、道具倉庫であった事実が、到る処に見出すことができます。展示物とのコントラストのように思えますが、この過去と現在の混同は明白です。並行する時間を行き来してください。きっと忘れられない経験になるでしょう。







VERLÄNGERT!
09.11.2014

Unsere diesjährige Sonderausstellung "Perspektiven des Welterbes" sollte eigentlich am 26. Oktober 2014 Wochenende zu Ende gehen.
Allerdings haben wir uns aufgrund des regen Besucherinteresses entschlossen, die Ausstellungdauer um zwei Wochen zu verlängern.
Sie endet somit erst am 9. November zeitgleich zu dem Ende der Herbstferien in Niedersachsen und Bremen.

Wir freuen uns auf Ihren Besuch!

Preis:
7,00 €
Kinder 4,00 €
 
Sonntags-Matinee
26.10.2014
11.00 Uhr

Vortrag: Dr. Martin Wetzel, Goslar: „Der Bergarbeiterstreik von 1889 an der Ruhr. Verlauf, Besonderheiten und Auswirkungen“

Preis:
kostenfrei
 
Veranstaltungskalender
Weitere Infos und Termine finden Sie in unserem Veranstaltungskalender.