高地ハルツ水利経営

数多くの貯水池や水路、水路トンネルなどが基本的に高地ハルツ水利経営を形作っています。ハルツ鉱山地帯にとって特に重要でした。現在の世界遺産にとっても貴重です。そして「ランメルスベルク鉱山、古都ゴスラーと高地ハルツ水利経営」にまとめて登録されています。



鉱山町クラウスフェルド•ツェラフェルド
ウイリアム2世立坑とオティーリェ立坑

19世紀末、クラウスタール鉱区とツェラフェルド鉱区の、メインの採掘立坑はオティーリェ立坑とウイリアム2世立坑でした。この二つの立坑は、機能上、密接に繋がっていました。鉱石は、ウイリアム2世立坑で、つまり約340m地下にあるエルンスト•アウグスト排水坑道の高位まで上に運ばれ、そこから、エルンスト•アウグスト排水坑道の水路トンエル中を、船で、オティーリェ立坑まで運ばれました。オティーリェ立坑で、始めて地上へ引き上げられたのです。クラウスタール鉱区とツェラフェルド鉱区は1930年に閉山されましたが、エルンスト•アウグスト排水坑道の出口に水力発電機が置かれ、これはオティーリェ立坑から流れ込む水流を使われ、1880年まで作動されました。ウイリアム2世立坑の上に立つ鉄製の櫓は、1880年に建てられました。この型として現存する櫓の中で、ヨーロッパで2番目に古いものです。現在、立坑のある敷地は、ハルツ水道局の構内です。ハルツ水道局は高地ハルツ水利経営の維持に携わっています。オティーリェ立坑の地上建築物は、現在、高地ハルツ鉱山博物館が使っています。ツェラフェルド駅から軌道電車がオティーリェ立坑まで通っています。ウイリアム2世立坑施設は4月1日から10月31日の間、毎日15時から17時までオープンしています。



鉱山町クラウスタール・ツェラフェルド
ローゼンタール水車小屋

昔のローゼンホーフ塔鉱山の水車室は、丸い形で、クラススタールの西側に位置し、ズリ山にありました。この鉱山の歴史は16世紀まで下ることが出来、1930年まで続きました。水車室を博物館にするために、長い時間をかけて片付けられ、修理され、屋根がつけられました。今日、高地ハルツ鉱山で最古の遺物を見学できます。見学:5月10日から10月31日の間の土曜日、日曜日、祝日13時。



鉱山町 聖アンドレアスベルグ
サムソン鉱山

サムソン立坑は16世紀のもので、高地ハルツの鉱山でも最古の例です。左右両方に動く水車が一つと、排水ポンプ用水車が一つ見られます。水車を動かす水は、オーダー貯水池から引かれたレーベルグ水路の疎水です。二本の梯子が上下に動き、鉱夫が右左に飛び乗って登ったり降りたりする動力梯子が、1837年に導入され、現在でもまだ使用されています。オーダー貯水池からの水で動く水力発電所の従業員が使っているのです。ガイドコース、毎日11時と14時30分。(1月1日と12月24日のみ閉館)



鉱山町バット•グルンド
クネーセベック立坑

クネーセベック立坑にある47mの高さの水圧コンプレッサーは、1912年に、圧搾空気で動く坑内の機械の為に設置されました。以来、技術の最高記念物と称えられ、このタイプとしては世界で唯一現存する設備といわれています。1977年まで使われ、時速660立方メートルの出力でした。グルンド鉱山は、ハルツ金属鉱山中では最終の閉山鉱山であり、1992年に閉山になりました。ガイドコースは、月曜日を除き、毎日11時と14時にあります。



鉱山町ヴィルデマン
19ラハター坑道

1690年に、19ラハター坑道が開通しました。ラハターは古い測量単位で約1.82mです。長い間、ツェラフェルド鉱区で最下位にある排水坑道でした。19ラハターは、以前からの16ラハター排水坑道よりまた19ラハター下という意味です。約8800mの長さで、地下水の排水に使われました。またこの坑道から鉱脈を探し、見つかった鉱石は、1924年まで、エルンスト•アウグスト立坑に運ばれ、上に引き上げられました。坑口から500m坑道内に入ることが出来ます。ガイドコースは、月曜日を除き、毎日11時と14時にあります。



ヴァルケンリード
ヴァルケンリード旧シトー会修道院

ヴァルケンリードのシトー会修道院は、1127年、ヴィダー河畔に創立されました。ドイツ語圏では3番目のシトー会修道院にあたります。シトー会会則に従って、修道士と信徒修道士は、土地を開墾し、農場を作り、なおかつ、地域に水利と鉱山の知識をもたらしてくれました。堂々たる教会は、前身の教会の跡に建てられ、1290年に献堂されました。今日では廃墟が残るのみですが、一見に価値するのは、残った双身廊の回廊と噴水です。昔の聖職者会議堂は、現在、博物館になりました。シトー会修道院の生活、信仰、ヨーロッパ全域に影響を与えた経営システムがテーマになっています。博物館は月曜日を除く毎日、10時から17時まで開館しています。



住所

Schacht Kaiser Wilhelm II.
Betriebshof der Harzwasserwerke
ウイリアム2世皇帝立坑
ハルツ水道局設備工場
Erzstraße 24, 38678 Clausthal-Zellerfeld
電話: 05323/93 92 0

Oberharzer Bergwerksmuseum
高地ハルツ鉱山博物館
Bornhardtstr. 16
38678 Clausthal-Zellerfeld
電話: 05323/98 95 0

Bergwerksmuseum Grube Samson
サムソン坑鉱山博物館
Am Samson 2
37444 Sankt Andreasberg
電話: 05582/ 12 49

Bergbaumuseum Schachtanlage Knesebeck
立坑クネーゼベック鉱山博物館
Knesebeck 1
37539 Bad Grund
電話: 05327/ 28 58

Besucherbergwerk 19-Lachter-Stollen
19ラハター坑道ビジター鉱山
38709 Wildemann
Tel.: 05323/ 66 28
電話: 05323/ 66 28

ZisterzienserMuseum Kloster Walkenried
ヴァルケンリード 旧シトー会修道院博物館
Steinweg 4a
37445 Walkenried
電話: 05525/ 959 9064

Tourist-Information Goslar
ゴスラー•ツーリスト•インフォーメーション
Markt 7
38640 Goslar
電話: 05321-78060
メールtourist-information@goslar.de

WELTKULTURERBE RAMMELSBERG
Museum & Besucherbergwerk
世界文化遺産ランメルスベルク
博物館&鉱山の訪問
Bergtal 19
38640 Goslar
電話: 05321-750 0
メールinfo@rammelsberg.de
ウェブwww.rammelsberg.de







Sonntags-Matinee
31.08.2014
11.00 Uhr

Exkursion im Oberharz: Ullrich Reiff M.A., Göttingen: „Rund um des Rosenhöfer Revier“, Treffpunkt Parkplatz Ottiliae-Schacht

Preis:
kostenfrei
 
Veranstaltungskalender
Weitere Infos und Termine finden Sie in unserem Veranstaltungskalender.